www.threecountiesah.com
2013年、何度目かのフランス訪問をしました。 私の居住区はドイツですが、隣国フランス・パリの治安が悪化の一途だという話は聞いていました。しかし、今回の旅で想像以上の悲劇に遭遇したのでここに記しておきます。 今回の旅は車では無かったので、現地での観光はバスツアーに参加しました。パリ内を日本人だけで歩いていると、いろんな人に声をかけられます。『〇〇はどう行ったらいいですか?』『署名をお願いします』『これ落としましたよ』などと声をかけてくる人が居たら、危険信号です。スリ集団の一味である確率が高いからです。昼間でも、スリ集団に取り囲まれたら絶体絶命です。高確率で財布を強奪されます。その場合、周囲のフランス人は気が付いても助けてはくれません。 ちなみにパリ内で軽犯罪の被害に遭う観光客の約半数が日本人だとも聞いた事が有ります。最近は暴力的なスリ集団も多いので油断も隙も有ったものではありません。私の友人はダウンジャケットの中に、斜め掛けのセーフティバックをかけていましたが、なんとダウンの中に手を突っ込まれて強奪されたました。満員の地下鉄の中で複数人に取り囲まれると、全くの逃げ場が無いんです。ですからスリに遭遇しないのが一番です。安全策を取りたい方は地下鉄の利用はお勧めしません。パリ市内の移動には地下鉄が大変便利なんですけどね。 ちなみにパリ市内の地下鉄職員は、英語が堪能な人がそう多く居ません。フランス語のできない外国人は、この様な被害に遭っても十分な対応をしてもらえないことも有るのでやはり被害に遭わないのが一番でしょう。